種類とメリットデメリット

本来トランクルームというとビル内や倉庫内の屋内というイメージで、本来はスタッフ常駐で空調管理もされた室内なのですが、最近では屋外コンテナ倉庫、レンタル収納、屋外トランクルームなど様々で、名称も運営会社によって変わってくるというのが現状で、それぞれにメリットもデメリットもあります。

一般的な室内のトランクルームは、常駐スタッフが出し入れをしてくれるか、立ち会ってくれます。
「任せられるし手伝ってもらえるので楽」というメリットもありますが、収納するものを見られる可能性もありますので、気にするという方にはデメリットと言える場合もあります。

ですが、個人情報ですのでスタッフが他に漏らしたり等はありませんし、ある程度収納ケースにまとめておけば中まで探ることはしませんので、さほど心配はいりません。
そして空調管理された室内でセキュリティ対策もされているので、家電や電化製品、本や衣類なども安心して収納できるのも魅力ですが、その分屋外より割高である場合が多いです。

一方屋外のトランクルームは、24時間好きな時間に自分で出し入れができるのがメリットです。
ですが屋外ゆえに、暑さや寒さ、雨などの天候に左右されます。
出し入れの際も大変ですし、水気が入ったり虫が入ったりすることもあるので中のものに影響が出る場合もあります。

そして、管理人が常にいるわけでもなく、監視カメラの設置が必ずあるわけではありませんので、セキュリティ面での心配もあります。
ですが、その分屋内よりも安い料金設定です。

どちらにもいい点と注意すべき点はありますので、収納するものに合わせてどちらがいいかを慎重に選ぶようにしましょう。

pagetop

サイトマップ